07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

■リターン 

数日サボっていたので、怒涛の更新中。(^^)v

いつも見に行くテニスブログ:「電脳網庭球寺 僧房」さんよりの技術ネタ。


リターンはストロークと違いますよ。
初中級になった頃によくスクールで指導されました。何がどう違うのかって具体的な事はあんまり教えてもらえなかったけどそこからはテニス雑誌やムック本及びビデオ頼み。

とりあえずは
・小さくテイクバック
・大きくフォロースルー
・相手のサービスに合わせてスプリットステップ
※サーブは一番早いボールなので必ずステップを踏む。
・ステップのタイミングはストロークの時よりも早めに。
※この部分は相手のサーブ力と自分のリターンとの兼ね合いみたいです。コートに入って無くても人のサーブ練習に合わせてタイミングを取る練習を良くします。
・フラットの早いサーブにはブロックリターンが有効
・2ndの時にはベースラインの中に一歩踏み込んで相手にプレッシャーをかけろ。

etc.

大体まとめるとこんな風な事が書いてある事が多い。

それでもなかなか思うようになりませんね。
リターン失敗って本当に多くて、続くと自分の下手さ加減にイヤになってくる事もしばしば。

如空さんのコーチ曰く
「もう少しえらそうな態度で構えてください。」
「腰を上に持ち上げて前に出してください。
威張り散らしている人が胸張って歩いているように。
腰を後ろに引っ込めて前かがみになると最初の一歩は早くなっても、腰がターンしてくれないのです。
そのため、手打ちの状態が多く発生しやすくなります。
腰のターンで打つようにしたほうが確実です。
特にセンターへのサーブをリターンするときに腰がターンしていないとオープンスタンスで打ちにいけません。
オープンでないとセンターに来たボールは全て逆クロスに行ってクロス側には強打しにくくなります。」

フムフムといつもうなずきながら読んでいる。
タダでコーチしてもらっているようなもんだからちょっと申し訳ないが、ちょっとでも上手くなりたい者としてはとても助かってます。

やっぱりキーワードは『オープンスタンス』なんだ。

少し突っ込んでみる課題がまた見つかった。
では、(^^)/~~~。

スポンサーサイト

category: Tennis

2005/03/31 Thu. 06:58 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kichikazu.blog5.fc2.com/tb.php/26-69bd16a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。